top of page

略歴

個人プロフィール

Irocococha®︎瞑想主宰者 宇藤紫野

自然の中で生まれ育ち、花を摘むのが大好きだった幼少期。

 

大学、大学院で心理学を学び、臨床心理士として12 年間で約10,000 件、子どもから大人まで数百人の心理カウンセリング、心理療法を担当。

 

精神科病院や児童相談所で、うつや不安障害、人格障害など様々な症状や病気、不登校、非行、虐待、発達などのテーマを持つ人たちと、深く向き合ってきた。

 

人生を振り返る即興劇(プレイバックシアター)を学び、精神科病院にて初導入、ミャンマーの孤児院でチーム開催。垣根を越えた「心のつながり」「感覚を自由に表現すること」を大切に活動。

35 歳の時、突然前夫を亡くし、絶望と深い悲しみの中で子どもを出産。

自身も命を失いかける状態となり、生死と向き合い、自然に深く癒されながら、本来の自分に目覚める体験をする。ヒーリングに出会い、1年後には臨床心理士の職を辞め、1歳の娘と共に人生を再出発。

プライベートでは、自身も再婚し、公私ともに、自然、人、動物とのつながりや、「流れとともに生きる」を大切にしている。夫、小6の娘、元保護犬の平゜太と暮らす。

略歴

2013〜

ヒーリングサロンshino-sora をopen

病気になる前に地域でサポートできる場として、サロンをopen。
本当に心から望んだ生き方へとサポートをするために、国内外の講師より、瞑想やオーラソーマ、レイキ、エッセンシャルオイル、ヨーガ、アートなど様々なヒーリングアプローチを学び、講師資格を得る。イギリスにてオーラソーマティーチャーの資格も取得。
サロン経営10年、1,000件以上のセッションを行う。

2017〜

ガーデンプロジェクト立ち上げ

サロンオープン時から、庭を自身で手がけてきた5年間の経験と、瞑想の手法を使ったセッションを用いて、本当に心から望む庭を作る「ガーデンプロジェクト」を立ち上げ、造園業者とチームで庭作りをしている。

2019〜

Irocococha®︎メソッドのプロデュース

自身の経験から、お茶がもつ自然の力と色をテーマに、「Irocococha-イロココチャ- 」を2013年から7年かけて開発。"心を整える五感瞑想メソッド"として生み出す。

2020〜

Irocococha-Soul-Art®︎メソッドのプロデュース

五感を使って、思考の枠をはずし、自分の感覚を信頼して表現するアートを生み出す。

2021〜

法人化
夫婦で株式会社 shino-soraを設立。

2019〜

Irocococha®︎アカデミー立ち上げ

​本質的なリーダー、セラピスト養成のため、整え方、在り方を伝える実践講座をスタートする。

2022〜

「しっぽの声」プロジェクト立ち上げ

​セラピー犬トリッパの介護、看取りを経験。元保護犬の平゜太との出会いをきっかけに、飼い主とペットの心が深くつながり、愛が循環するプロジェクトを立ち上げる。​

bottom of page